トップページ > 防水工事

防水工事は建物内部への漏水を防ぎ、建物の寿命を延ばします。

建物を造る際、構造と防水に十分な施工を施しても、歳月と共に建物は傷みます。わずかなヒビ割れからでもやがて水漏れし建物内部に水が滞留、腐食を起こす要因となります。通常建物は、防水の寿命と言われるおおよそ10年を過ぎた頃から劣化が目立ちはじめます。 漏水などから大切な建物を護るためにも、定期的な点検を行い、劣化サインを早期に発見し、補修が必要なところは、最適な工法で、早めに補修を行うことが重要です。

建物の劣化サインをいち早く見つけ出すことが、資産価値や生活空間を守る第一歩。以下のポイントをご確認ください。

  • 屋上表面が泥や砂で見えない
  • クラック(ヒビ)やはがれがある
  • 目地にひびが入ってる
  • 目地にコケや草が生えてる
  • 水たまりがある
  • ドレン(排水口)にゴミが詰まってる・外壁を手でこすると白い粉がつく・外部の鉄階段などの鉄部に、さびや穴が確認できる・空気が入ったようにふくれあがる・シートがめくれている
  • 雨漏りがする・窓枠から雨水が入ってくる・壁から雨水がが入ってくる

上記チェック項目に当てはまる場合は、早急な対処が必要となります。弊社までご連絡下さい。改めて弊社専門員が建物の現状を診断し、今後の改修工事計画をご提案申し上げます。

防水工事は現状の建物の防水下地の状態に合わせた工法・仕様が求められます。防水改修工法は、種類や目的は様々で、材料の選定をしたり、どのような方法で改修をするかも重要になっています。
弊社専門員が現地を確認した上で最も適した工法・仕様をご提案申し上げます。

既存防水層を撤去し、新築時の下地に新規防水層を施工する。

既存防水層の不良部のみを除去し、適切な下地処理を施した上で、新規防水層をかぶせて施工する。

かぶせ工法の一種。既存防水層の上から、下地に穴を開けて新規防水層をアンカー固定する。

アスファルト防水は、防水工事の中で最も信頼性が高く、実績も1番多い工法です。最大の長所は、高い耐久性。その他にも、耐荷重性、水密性に優れ、耐用年数が長いのが特徴です。

塩化ビニル樹脂系のシートを接着剤を用いて下地に貼り付けたり、下地にアンカーを打ち込み機械的に防水を固定するなど、下地処理を簡素化した改修工法です。

現場で液状の防水材料を塗り、化学反応を起こして防水の膜をつくる工法です。フェンスの基礎があって細かい作業が必要な屋根やベランダなど、歩行を伴う場所の防水に有効です。

ページトップへ