トップページ > 塗替えの目安

塗替えの目安

『屋根にサビが目立つ』 『外壁にヒビが入っている』お住まいにこんな症状ありますか?
家は毎日雨や風、紫外線などで日々痛みが生じていくものです。建物の老化は新築時より始まっているものとお考え下さい。放ったらかしのまま5年も経てば、外壁のひび割れなどにより外部の汚れだけでなく内部に汚れ、かびなどが発生し景観的にも建物の強度的にも問題が発生しやすい状態となります。早めの塗り替えで醜い汚損はスッキリ治り、見違えるほどの美しさをお約束。ひいては財産価値のアップにもつながります。

チェックのポイント

被害を防止するためにもまずは住宅診断を行って現状を把握しましょう。

サイディング壁塗り替えの目安

窯業系サィディング(セメント繊維質)と金属系サィディング(カラー鉄板・アルミ合金)が使われています。

■チョーキング現象

手に白い粉状のものが着く。防水効果が薄れ水をはじかない状態です。窯業系サィディングは雨水が浸み込むようになります。

■目地切れ

繋ぎ目の目地表面がヒビ割れが発生、または切れてしまって壁に隙間が開く状態です。ここから建物内部に雨水がはいってしまいます。サィディング自体にも浸み込む原因となります。

■反り

下から見上げ、反りや膨張が見られる場合は、サィディング自体に雨水が浸み込でいる可能性があります。進行すると塗替えでは補えきれない事態にもなりかねません。

ストレート瓦塗り替えの目安

「カラーベスト」や「コロニアル」の商品名で知られています。材質はセメントと石綿を85:15の割合で混合して作られた薄い板となります。

■色あせ

所々に白く色が抜けた部分が見られ色あせた状態。瓦の防水能力は表面塗膜に依存していますので、この状態ではかなり防水能力が低下しています。

■コケ・カビ

塗膜が弱るとコケやカビが発生します放っておくとスレートをボロボロにしてしまいます。

■反り

下から見上げ、反りや膨張が見られる場合は、スレート瓦自体に雨水が浸み込でいる可能性があります。

モルタル壁塗り替えの目安

新築のお宅のモルタル壁にも、よくヒビ割れができます。気候による寒暖、乾湿の差で内部素材とモルタルとの伸縮差でできるものです。モルタル外壁はヒビ割れはつきものといっても過言ではありません。

■チョーキング現象

手に白い粉状のものが付着する状態。防水効果が切れています。

■クラック

ヒビの事です。ここから雨水が染み込みモルタルの中性化が進みます。中性になったモルタルはボロボロになってしまいます。

■ヘアクラック

細かいヒビの事です。塗膜の痛みが原因で無数の細かいヘアクラックが入っていることがあります。

ページトップへ